2020/09/21

メルセデス・ベンツ Cクラスの中古車相場

メルセデス・ベンツの中でもCクラスは人気がありますね。

中古車での購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。

人気があるだけに中古車市場にも多く出回っていますが、数が多い分迷うこともあると思います。

注意点は走行距離と年式と価格のバランスを見ながら、納得のいく個体を探すことです。

Webサイトに中古車の価格は掲載されていますが、は走行距離や年式が違っていると比較しづらいという問題があります。

そこで、本記事ではすべての中古車のCクラスを対象に走行距離・年式・金額を調査しました。

 

 

Cクラスの中古車の相場

本記事ではCクラスの中古車のうち、

  • C180 アバンギャルド
  • C180 アバンギャルド AMGライン
  • C200 アバンギャルド
  • C200 アバンギャルド AMGライン

を対象に調査してみました。

なお、2015年式以降のみを対象とし、価格は9月中旬のものに基づいています。

まずはこれら4車種のおおまかな関係を見てみましょう。

縦軸は金額を表していて単位は100万円です。

モデルの見方ですが、Aはアバンギャルド、ALはAMGラインの略です。

オレンジ色の線が中央値を表しています。

このように見ると、C180 アバンギャルドが他の3車種と比較して一段安い感じがあります。

中央値が約240万円ですから、国産車並みの価格でお買い得感があります。

それでは詳しく見て行きましょう。

 

C180 アバンギャルドの中古相場

縦軸は走行距離、横軸は年式で、ボックスの中はそこに分類される車両の価格の中央値を示しています。

価格が高いほど赤く、低ければ青く塗りつぶしています。

白っぽい色は中間ということになります。

3年落ち3万Kmで249万円ですね。

メルセデス・ベンツの人気車で程度が良さそうなものが250万円というのはなかなか魅力的ではないでしょうか。

5年落ちの2015年モデルを見ると200万円台が多数ありますが、2017年の3万Kmの250万円と大差ありません。

この場合あ2017年の3万Kmが狙い目ですね。

 

C180 アバンギャルド AMGラインの中古相場

続いてC180 アバンギャルド AMGラインを見ていきます。

3年の2万Km程度で289万円ですから少し安いようですね。

中央値が高めになっていたのは、走行距離が短い個体が多いことが原因でしょうか。

走行距離が長いものも多く、100万円台に乗ってきているのが特徴的ですね。

 

C200 アバンギャルドの中古相場

それではC200系に移ります。

C200 アバンギャルドは3年落ち3万Kmぐらいで約269万円ですね。

C180 アバンギャルドに近い感じではないでしょうか。

3年落ちで2万Km程度のものが326万円と他と比較すると割高な感じに設定されています。

当該車両を見ていませんが、もしコンディションが他と変わらないようであればこの金額は割高感がある、ということがこの表を見ていると分かっていただけるのではないかと思います。

 

C200 アバンギャルド AMGラインの中古相場

それでは最後にC200 アバンギャルド AMGラインについてもヒートマップを使って解析してみます。

こちらのモデルになると400万円台が出てきますね。

1年落ちではほとんどが400万円以上に設定されています。

3年落ち3万Kmで288万円ですから、これはお買い得のようですね。

こちらも、5年落ちのモデルと比較してみると、3年落ちと金額がそれほど大きく変わらないということもあり、3年落ちのほうがおすすめですね。

 

ちなみに、『メルセデス・ベンツを中古車で買うのは修理費などが心配』という方は、認定中古車から探すという方法もあります。

認定中古車を買うメリットについては以下の記事でまとめていますのでこちらも御覧ください。

認定中古車のメリットは3つ

 

まとめ

メルセデス・ベンツの人気車種Cクラスについて、4つのモデルを対象に相場を見てきました。

意外と買いやすい価格まで落ちてきていますね。

1年落ちの走行距離が短いものでも、新車価格の約6割程度で売られているようです。

お得に買うにはこのあたりのコンディションの良さそうな個体を狙うのが良いかもしれません。

 

中古車の選び方【失敗しないための5つのポイント】

Close
Menu