中古車相場

BMW 420i グランクーペの中古車相場

2020-10-27

BMWの4シリーズグランクーペの中古車相場について調べてみました。

 

新型4シリーズクーペが発売されて色々と話題になっていますが、やはりデザイン的にも前のモデルが良かったという方も多いのではないでしょうか。

 

グランクーペも新型の4シリーズクーペのようなデザインに変更されるとの報道も出ています。

4シリーズグランクーペの中でも中古車市場に数が出ている420i Mスポーツと420i ラグジュアリーについて、走行距離、年式、価格の関係を解析しました。

 

本記事を読んでいただければ、現在の420i のおおよその相場が分かっていただけると思います。

 

お役立ち情報:BMW 4シリーズ グランクーペの支払いを月々約2万円安くするには?

高級車に興味はあるけど月々の支払いが少し不安という方も多いと思います。

そういう方は自宅の駐車場を使っていない時間に貸し出すというのがおすすめです。

リスクは低いですし、それなりの収入が見込めます。

とりあえず始めてみるのは無料ですので、やってみて合わないと思ったらやめることも簡単にできます。

特Pで駐車場を貸し出すとあなたはいくら稼げるのか?

続きを見る

 

 

 

420i グランクーペの中古車相場

4シリーズのグランクーペはスタイリッシュでありながら4ドアで実用性も高く人気があります。

 

BMWの420iグランクーペ系のなかでも、中古車市場に多く出ている

 

  • 420i グランクーペ Mスポーツ
  • 420i グランクーペ ラグジュアリー

 

について、すべての中古車を対象に調査しました。

 

中古車の数としては420i グランクーペ Mスポーツのほうが圧倒的に多く出ていて、やはりこちらのほうが人気が高いようです。

 

420i グランクーペ ラグジュアリーは数が少ないですがMスポーツとの比較のために入れています。

 

ラグジュアリーは調査時点で25台程度しか中古車市場に出回っていませんでしたので、参考値として見ていただければと思います。

 

なお、この記事に掲載しているグラフはすべて2020年10月下旬のデータに基づくものです。

 

 

まずは420i グランクーペ Mスポーツと 420i グランクーペ ラグジュアリーの価格の分布から見てみたいと思います。

縦軸は価格で、1.0のところは100万円を表しているものとして見てください。

 

オレンジの線が中央値を表していて、そこからの分布を箱とヒゲで表しています。

 

 

さて、新車価格はラグジュアリーのほうがスポーツよりも2万円高いだけですので、ほぼ同等といえます。

ところが、中古車価格の中央値でみるとMスポーツのほうが明らかに高いことが分かります。

 

また、価格の分布も全体的にMスポーツのほうが高くなっているようです。

 

やはりスポーティーな味付けのMスポーツのほうがBMWのイメージにも合うのか、人気があるようですね。

 

高級感のほうを優先したいという方はラグジュアリーのほうがお得に購入できることになります。

 

それでは、各グレードでの詳しい解析を見ていきましょう。

 

 

BMW 420i グランクーペ Mスポーツ

まずは420iグランクーペ Mスポーツについて、走行距離、年式、価格の面から見てみたいと思います。

横軸は年式で、縦軸は走行距離を表しています。

 

例えば、縦軸が1.0のところには、1万Km以上1.5万Km未満の走行距離の車が分類されていて、そのグループの価格の中央値が書かれています。

 

価格が高いほど赤く、低ければ青く塗りつぶしていて、白っぽい色は中間ということになります。

 

 

全体的に走行距離が少なめの個体が多い印象です。

 

さて3年落ちの2017年のモデルを見てみましょう。

 

2万Kmで309万円の価格がついていることが分かります。

 

Mスポーツの新車価格は563万円でしたので、約55%の価格で販売されていることになります。

 

5年落ちにあたる2015年ですと3万Kmで275万円ですから49%の価格です。

 

2015年の中で比較すると、2万Kmが269万円と、4万Kmまでの中ではお得な価格設定になっていることがわかります。

 

オプションや車検の有無、修復歴などでお得感が変わってきますが、このような個体が納得できる条件であればお買い得だと思います。

 

ちなみに、この個体は特におかしなものではなく、1オーナーの優良物件で状態も良いものでしたので、お買い得な1台でした。

 

 

BMW 420i グランクーペ ラグジュアリー

続いて402iグランクーペ ラグジュアリーについてです。

グラフの見方はMスポーツと同じなので省略します。

 

 

3年落ちの2017年モデルで、2.5万Kmだと248万円ですね。

 

新車価格が565万円でしたから、新車価格の約44%で売られていることになります。

 

5年落ちで4.5万Kmだと230万円ですから、約40%ですね。

 

この程度の差額であれば、年式が新しいものを買っておいたほうがお得だと言えます。

 

2.5万Kmで比較すると、2017年モデルが突出して安いことが分かりますね。

 

また、2015年の1.5万Kmも同じ年式のもの、同じ走行距離のものの中でも比較的安いので狙い目のようです。

 

個体数が少ないのであまり全体の傾向で語ることはできませんが、それでも走行距離が短くても安いものがあるようなので、丁寧に探せばコンディションの良い個体が比較的簡単に見つかりそうです。

 

 

まとめ:Mスポーツの人気が高い

BMW 4シリーズのグランクーペ、420iについてMスポーツとラグジュアリーのグレードを比較しながら中古車相場を調査しました。

 

やはりMスポーツに人気があるようで、価格設定もラグジュアリーよりは高めになっています。

 

思っていたより走行距離が短い個体が多く、中にはコンディションが良い一方で安く設定されお買い得感があるものもチラホラ見られました。

 

年式が新しくてもそれほど高くないようなので、中古車で買う方は年式が新しいものを狙ったほうが良さそうです。

 

-中古車相場

© 2021 No Car, No Life!!