車を買う

車が欲しいけど高いからといって購入を諦める必要はありません

車が欲しいけど高くて買えない、維持費もかかるし、車を買うのは諦めようかな、と考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、いくつかのポイントを抑えておけば、車を買って維持することは十分に可能です。

この記事では車が高くて買えない場合の5つの対策について解説していきたいと思います。

 

 

車が欲しいけど高いと諦める前に知っておくべき対策5つ

結論から言うと、車が欲しいけど高いと諦める前に、

  1. お得な中古車をお得に買う
  2. 維持費を抑える
  3. 車で維持費を稼ぐ
  4. リースを使ってトータルコストを下げる
  5. 収入を増やす

について考えてみるのが良いでしょう。

車なら何でも良い、という訳ではなく、やはり欲しい車や憧れの車というのがありますよね。

そのような欲しい車や憧れの車を買うためにこれらの5つのポイントは重要になってきます。

詳しく説明していきます。

 

お得な中古車をお得に買う

新車はどうしても初期費用が高くなりがちです。

最終的に車を売却する時点までの修理費や売却益など、トータルで考えると新車で買うのもお得になることがあります。

どうしても新車が良いという方はこちらの記事が参考になりますのでよろしければどうぞ。

賢い車の持ち方【新車にお得に乗る3つの方法】

しかし、車の価格が高くて手が出ないということであれば、中古車を狙うのもありです。

ただし、注意しなければならないのは、自分がどのような乗り方をするのかをはっきりさせておくことです。

この目的によって、中古車を選ぶ場合の「お得な車」というのが違ってきます。

詳しくは以下の記事にまとめていますが、ざっくり言うと短期間で乗り換えるのか、長期間乗り続けるのか、この違いで狙うべき中古車が違ってきます。

中古車を買うならどんな車が狙い目?【買い換える期間別に解説します】

狙うべき車が決まったら、次に考えることはお得に買うということです。

『中古車ってあまり値引きされないって聞いたけど・・?』という方もいると思います。

しかし、買い方によっては値引きを引き出すことも可能です。

詳しくはこちらの記事に書いていますので興味のある方は是非読んでみてください。

中古車の値引き交渉の前に知っておきたい3つのポイント

 

維持費を抑える

車は買って終わりではなく、維持するためにもお金がかかってしまいます。

自動車保険は必須ですが、年間でみるとそれなりの金額になってしまいます。

しかし、安い保険にして補償が手薄だと困ってしまいます。

保険は妥協のないプランにしておきましょう。

ネット保険はかなり費用が抑えられますし、まとめて比較することで最も安い保険会社がすぐに分かります。

自動車保険を安くする方法【平均で3万円安くなります】

 

また、2年に1度は車検を受けなければなりません。

この車検もまとまったお金が必要になってしまします。

車検はどこにお願いするかで金額が大きく違ってきます。

自宅の近くで安く車検を引き受けてくれるところを探しましょう。

『でもどうやって車検が安いところを探すの?』と疑問に思われる方も多いと思います。

最近は自宅近くで車検の価格をまとめて調べて比較できるようなサービスがあります。

このようなサービスを賢く使って維持費を抑えましょう。

車検はどこに出すべきか?【おすすめ度付きで解説します】

 

車で維持費を稼ぐ

『保険料や車検が安く抑えられることは分かったけど、それでも駐車場代や自動車税がかかるから無理!』という声が聞こえてきそうですが、それも何とかする方法があります。

それは、購入した車を使ってお金を稼ぐという方法です。

なんだか怪しい話だな、と思われるかもしれませんが、ちょっとまってください!

車に乗らないときってありますよね。

例えば通勤に使っているのであれば、仕事が休みの日は使わないですし、週末だけ利用している場合は平日は使わずに自宅の車庫に眠った状態になっているはずです。

この使っていない時間、もったいないですよね。

そこで、使っていない時間に車を貸し出してしまいましょう。

つまり自分の車でレンタカーの事業主になってしまうという方法です。

個人間での車の貸し借り(カーシェアリング)はアプリを通じて簡単にできるようになっています。

『でも、個人で貸すのは心配・・』という気持ちもよく分かります。

他にも手間がかかるのではないかとか、そもそもどれぐらい稼げるのかなど、不安や疑問が沢山あると思います。

こちらの記事で詳しく解説していますので、不安や疑問があるかたは目を通していただきたいと思います。また、いくつか有名なアプリがあってどれが良いか悩むと思います。

そういった場合にはこちらの記事が参考になりますのでどうぞ。

個人間カーシェアリングサービス比較

 

リースを使ってトータルコストを下げる

車を買いたいけど高くて買えないと考えている方には若い方も多いと思います。

特に免許を取って間もない若い方の場合、保険料がかなり高額になってしまい、年間の維持費を押し上げてしまいます。

そういう方には維持費もコミコミのリースという手段も検討することをおすすめします。

テレビCMでもおなじみのKINTOであれば、保険料もコミコミです。

実際に試算していただけると分かると思いますが、若い方の場合は自分で車を買って保険に入るよりも、KINTOでリースしたほうがお得になるケースがあるはずです。

さらに、車を買うときの面倒くさい手続きもぐっと少なくなります。

詳しくはこちらの記事を参考にしていただければと思います。

KINTOの5つのメリット【20代でレクサスに乗れるかも!?】

 

収入を増やす

ここまでご紹介してきた方法を検討しても、それでもやはり高くて買えないという場合もあるでしょう。

残念ながら、これまでにお話してきた方法以外に、大きく費用を削減する方法はありません。

『それでも欲しい車があって、でも高くて困っている』という場合、取れる対策は1つです。

それは収入そのものを上げるしかありません。

『そんなこと簡単に言われても困る。そんなに簡単に収入なんて増えない!』という声が聞こえてきそうですが、本当にそうでしょうか。

最近はスキマ時間にまっとうな仕事で稼ぐことができるようになっています。

副業がブームになったこともあり、様々な副業の方法がネットに溢れかえっていますよね。

ご自身のスキルにあった副業で月に3万円とかを稼げるだけでも、車の購入には大きく近づけます。

 

また、そもそも転職してしまうという方法も有りです。

副業よりも年収アップが見込めることが多いので、車を買うだけでなく、生活水準そのものが大きく底上げされる可能性もあります。

僕も転職して給料が増えたことがレクサス購入のきっかけになりました。

さらには簡単な副業も時間に余裕があるときには少し入れています。

欲しい車があるのであれば、それに向けて仕事や生活を思い切って変えてみることで、人生そのものがステップアップしていく可能性があります。

 

 

まとめ

車が欲しいけど、高くて買えないという方のために、車を買って維持するための方法について解説してきました。

購入と維持費の両方が下がるようにしましょう。

そして、個人であーシェアリングに出すことで、車の維持費を車で稼ぐことも可能です。

これはかなりの負担軽減になるはず。

さらには根本的な解決として収入そのものを底上げするということも検討しましょう。

車がモチベーションになり、生活そのものが向上することだってあります。

なぜなら、僕自身がそうであったからです。

車が高いから諦めるのではなく、どうにかして保有・維持する方法を考えてみるというは、結果的に人生を豊かにしてくれる可能性を秘めています。

-車を買う

© 2020 No Car, No Life!!