2020/10/12

ハリヤー ハイブリッドの中古車相場

トヨタのハリアーは今年モデルチェンジもして人気が継続していますね。

モデルチェンジ前の世代(3代目)の中古車が安くなっているのでは?と疑問に思った方もいると思います。

中古車はWebサイトですぐに検索できますが、走行距離や年式が違っていて簡単に比較できず、相場が掴みづらくて困りますよね。

そこで、中古車市場に出回っているハリヤーで、今回はハイブリッドの人気グレードについて、すべての中古車の価格を解析してみました。

この記事は、これから3代目のハリヤーハイブリッドの購入を検討している方、今持っている3代目のハリヤーハイブリッドの売却を考えている方にとって、有益な情報を提供します。

 

 

ハリヤーハイブリッドの3つのグレード(エレガンス、プレミアム、プログレス)の中古車相場

ハリヤーのハイブリッドには、グランド、エレガンス、プレミアム、プログレスの4つのグレードが用意されています。

今回は中古車市場にそれなりに台数が出ている、

  • 2.5 ハイブリッド E-Four エレガンス 4WD
  • 2.5 ハイブリッド E-Four プレミアム 4WD
  • 2.5 ハイブリッド E-Four プログレス 4WD

の3つのグレードについて価格を調査しました。

なお、本記事に掲載しているグラフは、2020年10月上旬の中古車価格に基づき作成したものです。

 

まずはこれらのグレード間の価格差を確認するために価格の分布を見てみたいと思います。

縦軸は価格を表していて、単位は100万円です。

オレンジの色が中央値を示しています。

 

エレガンス→プレミアム→プログレスとグレードの順位と同じように中央値も上がっているのが分かりますね。

特に、最上位のプログレスの上がり幅が大きいですが、この理由は年式の差だと思います。

どういうことかと言うと、プログレスは2017年のマイナーチェンジ後に設定されたモデルで、エレガンスやプレミアムよりも新しいモデルだからです。

それでは、各モデルについて詳しく調査してみたいと思います。

 

2.5 ハイブリッド E-Four エレガンス 4WD の中古車相場

まずはエレガンスの年式、走行距離、価格について見てみましょう。

このヒートマップの見方ですが、縦軸が走行距離(単位は10,000Km)横軸は年式を表しています。

ボックスの中に書かれた数字はそこに分類される個体の価格の中央値で、高い程赤く、低いほど青く塗りつぶしています。

例えば、2014年の1.0のところに232と書かれていますが、これは2014年式の走行距離が10,000Km以上15,000Km未満の個体がここに分類され、それらの個体の価格の中央値が232万円であることを示しています。

 

3年落ちの2017年で、2.5万Kmを見ると287万円になっていますね。

新車価格が約385万円でしたので、新車価格の約75%で売られていることになります。

モデルチェンジ後ですが、なかなかの高値ではないでしょうか。

 

5年落ちの5万Kmで228万円ですから、こちらは新車価格の約60%ですね。

2014年や2015年は走行距離にばらつきが出ていますが、7万Km以上の過走行気味な個体を除いてそれほど変わらない価格というのも驚きです。

人気があるので、走行距離が伸びていても大きく値崩れしていないものと思われます。

 

2.5 ハイブリッド E-Four プレミアム 4WD の中古車相場

続いて、プレミアムを見てみたいと思います。

ヒートマップの見方は先程と同じですので省略します。

 

エレガンスと比較できるように3年落ち2.5万Kmを見てみましょう。

プレミアムでは330万円になっています。

新車価格が約415万円でしたので、新車価格の約80%です。

ただし、同年の2.0万Kmは288万円、3.0万Kmは315万円と、2.5万Kmの前後よりも2.5万Kmの個体がやや高値が付けられているようです。

3年落ちでもほぼ300万円とリセールの強さが分かります。

5年落ちまで選択肢を広げると、200万台中盤が多くなってくるので、ぐっとお買い得感がでてきますね。

 

ちなみに、このグラフを見る限りでは4年落ち(2016年)の4.0万Kmが249万円、5.0万Kmが229万円と、他に比べるとお買い得感があります。

このグラフを見れば、他の条件(走行距離・年式)と比較してお買い得な車を見つけやすくなります。

もちろん、ボディーカラーやオプションの有無、車検の有無など条件が異なる可能性もありますのでご注意ください。

 

2.5 ハイブリッド E-Four プログレス 4WD の中古車相場

では最後にプログレスです。

ヒートマップの見方はこれまでと同じなので割愛します。

 

プログレは2017年に販売が開始されたということもあり、エレガンスやプレミアムよりも個体数が少ないようです。

エレガンスやプレミアムと比較するため、3年落ちの2.5万Kmを見てみると321万円でした。

新車価格が470万円ですので、新車価格の約68%の価格設定がなされていることが分かります。

この年式と走行距離の条件だと、リセール率は一番低いようです。

しかし、2019年のものでは400万円を超える個体もあるなど、強いリセール力を見せています。

200万円台となると3年落ちの2017年で5万Km以上の過走行気味の個体になってしまいますね。

 

まとめ

ひとつ前の世代にあたる3代目のハリヤーハイブリッドの中古車価格を調査してみました。

ハリヤーハイブリッドには3つのグレードがあり、低い方から順にエレガンス→プレミアム→プログレスを調査の対象としています。

3年落ち、2.5万Kmという条件の場合、リセールの強さはプレミアム→エレガンス→プログレスという順番でした。

オプションや車検の有無など様々な上限がありますので一概には言えませんが、プレミアムの人気は高いようです。

ひとつ前の世代となってしまいましたが、まだ全体的に高めのリセールを維持しているようで、人気の高さが伺えます。

中古車の選び方【失敗しないための5つのポイント】

Close
Menu