車を買う

レクサスは頭金なしでも買える?

レクサスを買いたいけど頭金なくても買えるかなぁ・・?

貯金に手を付けずにレクサス買えるかなぁ・・?

こんな悩みがある方向けです。

僕も実際にレクサスのNXを買ったときに、どのように支払うのが良いかいろいろと悩みました。

結論から言うと頭金ナシでも良いと思います。

ただし、いくつか条件がありますので、この記事で詳しく解説していきます。

 

頭金なしでもローンが通ればOK

頭金がない場合、ローンを組むことになります。

ローンはその対象金額が多いほとど当然ですが審査が厳しくなります。

500万円の車を買うのに、200万円の頭金を入金できる人は、ローンの対象は300万円です。

一方、頭金を用意しない場合は500万円すべてがローンの対象です。

300万円の貸し付けと500万円の貸し付けで審査基準が違うのは当然ですよね。

頭金なしで買えるかは自分の収入とのバランスで決まります。

ローンの審査にパスできない場合は、パスできるまでの頭金を用意しなければ買えないことになります。

自分の収入ではローン審査が厳しいのかな・・?

と心配になる方もいると思いますが、実は頭金がなくても500万円すべてでローンを組まなければいけないということではありません

詳しくは次のセクションで解説していきます。

残価据置型のローンを活用する

ローンを組む場合、ディーラーのローンを使う方が多いと思います。

レクサスディーラーのローンにはスタンダードなタイプと残価据置型の2種類が選べます。

残価据置型は、例えば3年後に車を売却するときの売却益の予想を立てて、支払額から差し引きます。

もう少し具体的に言うと、500万円の車が3年後には300万円で売れると判断された場合、残りの200万円について支払うものです。

この200万円を対象にローンを組みましょうというのが、残価据置型のローンです。

頭金がなくてもローンの対象が200万円で済むので助かりますよね

ただし、3年後に300万円で売れると予想していましたが、実際には250万円でしか売れなかった場合、差額の50万円は追加で支払わなければなりません。

レクサスの場合、リセールバリュー(再販価格)が高いので、このように追加で支払うようなことは、普通に乗っていればほとんどないはずです。

若い人は頭金不要のサブスクも検討の余地あり

車のローンに自動車保険を支払ってと、維持していくには何かとお金がかかります。

ですので、買った後のことも含めて、購入を検討しなければなりません。

ローンを組んだ場合でも、頭金に貯金を使った場合でも、月々の支払いが大変になりますよね。

さらに、そこに車の故障などで急な出費が発生すると、破綻する可能性があります。

そうなると、せっかく買った車を手放すことになりかねません。

特に20代の場合、自動車保険の料金が高く設定されています

若いうちは収入も限られていますので、月々の支払いが大変になってくるでしょう。

じゃぁレクサスを買うのは諦めないといけないの?

実は、そうでもありません。

Kintoというサブスクリプションサービスを利用すれば、頭金は不要で、月々の支払いが定額(車の代金や自動車保険などを含む)になります。

しかも、車を買うのに必要な面倒な手続きもありません。

20代の場合はローン+保険を自分で支払うよりも、Kintoを使ったほうが安くレクサスに乗れる可能性が高いです。

Kintoについてはこちらの記事にもまとめていますので、よろしければどうぞ。

KINTOの5つのメリット【20代でレクサスに乗れるかも!?】

KINTOのような車のサブスクに興味があるけど、自分にとってどんなメリットがあるか分からない、頭金0円とか言っているけどなんだか怪しそう、どうせ普通に買ったほうが安い、と思っている方も多いのではないで ...

続きを見る

 

まとめ

レクサスが頭金なしで買えるのか、検証してきました。

ローンの審査に通るか否かがポイントになってきます。

ローンの金額を減らすために、残価据置型のローンの利用がおすすめです。

残価据置型ではローンで支払うお金が少なくなりますので、ローン審査にも通過しやすくなるはずです。

ただし、ギリギリでローン審査に通るような状況では、月々の維持費を考えると支払いが大変になります。

20代ではサブスクリプションを使ったほうが、トータルで見ると安く乗れるケースもありますので、検討してみても良いでしょう。

それに、月々の支払いも定額になるので、急な出費を抑えることができ計画が立てやすくなります。

 

頭金なしで買うこともできますが、ライフプランとあわせて計画的に購入を検討することが最も重要なことです。

無理をすると後々厳しくなりますので、注意しましょう。

-車を買う

© 2020 No Car, No Life!!