2020/10/07

オープンカーの3つのデメリット

オープンカーに興味があるけど、実際のところどんなデメリットがあるのか知りたいと思う方も多いと思います。

実際に乗っている方に聞くといろいろと実体験を伴ったお話がきけます。

僕もオープンカーに興味があるので、実際に乗っている人に話を聞いてみました。

通勤で使おうと思っている僕にとって、無視できない3つのデメリットが浮かび上がってきました。

デメリットを克服できそうな車種もある程度あたりをつけましたので、この記事の中でご紹介したいと思います。

 

 

オープンカーの3つのデメリット【通勤で使う場合】

オープンカーに乗っている人にあれこれ話を聞いてきました。

まぁある程度は想像できるのですが、実際に話を聞くとデメリット部分の切実さが分かってきますね。

特に自分の体験として置き換えて話を聞きやすいということもあり、自分の生活の中でこれは許容できるのかということを考えながら聞いていました。

巷では、オープンカーの幌はいたずらで破られるとか、車内が狭いとか、いろいろデメリットが強調されています。

屋根のある駐車場を利用する予定なのであまりイタズラなどは心配していません。

通勤用の車としてオープンカーの増車を考えているので1人乗れれば十分です。

このような状況でので、僕が思うデメリットは

  1. 雨漏り
  2. 体や車内が汚れる
  3. 積載量が小さい

の3つでした。

それぞれ詳しく説明していきます。

 

雨漏り

雨漏りなんてするのが不思議なのですが、実際にこのトラブルはそれなりの頻度で発生するようです。

ゴムの部分の経年劣化や、開閉時に故障して最後まで屋根を閉めることができず、少し隙間が開いた状態になる、ということもあるようです。

これはハードトップでもソフトトップでも起こり得る事態なので、ちょっと困りました。

流石に出勤時に雨漏りで服が濡れるとか、車内が濡れるとかは避けたいですよね。

『雨漏りといっても単に水が付くだけでしょ?』と思っていたのですが、経験者の話は重みが違いました・・

雨水に車体の汚れやなどが混じっています。

もっとひどい場合は油分が混じってしまうこともあるそうで。

そこまで想像ができていませんでした・・

汚れや油分が混じった水が服に付くというのは困ります。

白いシャツに付いた日には最悪です。

やはり所有者の方に聞いてみないと気付かないことってありますね。

 

それに、通勤の時間帯というのは決まっている訳で、雨がひどいから小雨になるまで待つ、ということもできません。

一応レクサス NX300を所有していますが、オープンカーを増車した場合は家族が使うことになるので、急にNXを使うというのも難しそうです。

これは実用上結構困った問題です。

雨漏りが少ない車種や個体を探す?(どうやるのか全く想像できませんが・・)必要がありあそうですね。

 

体や車内が汚れる

車通りが多いところでオープンにして走ると、それなりに汚れが発生するようです。

自分の顔がざらつくとか、黒ずんだりというのを実感するレベルだそうで・・

同じ様に車内も汚れる訳ですので、こまめに清掃しないといけません。

 

もしこれが嫌なら町中や車通りが多いところではオープンにしない、という考え方もありだと思います。

でも僕の場合は通勤中はほとんど車通りが多いので、汚れを気にするとオープンにする機会がなく、なんのためにオープンカーを買ったのかわからなくなってしまいます。

そうなると、そもそもオープンカーである必要がなかった、ということになりかねません。

 

週末のドライブで郊外を走るときに使う、という気持ちでも乗ってしまえばいいのかもしれませんが、なんだかもったいないかなぁと。

ちなみに話を聞いた友人も、年に数回しかオープンにして走ることはないと言っていました。

そんなもんなのかもしれませんね。

オープンカーは心配事が増える割にわがままなやつです。

 

積載量が小さい

オープンにすると屋根を格納するスペースが必要になりますので、トランクの積載量が小さくなります。

これが思っていた以上に狭くなるようで・・

仕事で使う荷物を運ぶこともあるので、そこそこのトランク容量が必要です。

セダンのトランクとは言わないまでもそれなりに大きいものを入れなければなりません。

オープンにしなければ大丈夫そうですが、オープンにするとスペースが足りないことが分かりました。

オープンカーには2シーターのものが多いようですが、それだと後部座席もないのでマジで物を置く場所がどこにもありません。

4シーターにして、後部座席に荷物を置くという対処方法ぐらいしかなさそうです。

 

 

まとめ

オープンカーの何がデメリットになるのかは、人によって違ってくると思います。

使い方が違えば当然ですよね。

僕の場合はこの記事でご紹介した3つがデメリットとして浮上してきました。

でも、デメリットがあってもなんとか解決策を見出して乗る方法を考えよう、そう思える魅力がオープンカーにはあるのが不思議です。

これらのデメリットを考えた結果、メルセデス・ベンツのCクラスカブリオレあたりが良さそうな気がしています。

(ドイツ車勢はオープンカーのことをカブリオレと言ったりします。)

価格も少し安くなってきているようですし。

4シーターなのでトランクに荷物が入らない場合は後部座席に置くこともできます。

雨漏りはどうなんでしょう。

Cクラスカブリオレの雨漏りについてもう少し調べて見る必要がありそうです。

4人乗りのオープンカー【メルセデス・ベンツの狙い目中古車】

Close
Menu