維持/メンテナンス

車のバッテリーの交換時期

車のバッテリーが消耗品であることは多くの方がご存知だと思いますが、ではいつ交換するのが良いのでしょうか?

バッテリーの寿命が来てしまうとエンジンがかからず車が使えないということになり困りますよね。

交換時期は車の使い方によっても変わってきます。

この記事では車の利用状況ごとにバッテリーの交換時期について解説します。

 

 

車のバッテリーの交換時期はいつ?

車のバッテリーは3年程度で交換するのが良いと言われています。

実際は3年でバッテリーが使えなくなるというようなことは稀です。

しかし、車にどのように乗るかで話は変わってきます。

  • 運転するのは稀
  • 短距離が多い

などバッテリーに負荷がかかるような運転では寿命が早くくる可能性が高くなります。

 

バッテリーの状態を知るには?

ではバッテリーの状態を確認するにはどのようにしたらよいのでしょうか?

電圧をチェックすれば状態が分かります。

しかし、テスターなんて持ってない方がほとんどですよね。

そういう場合はガソリンスタンドなどでバッテリーの状態を確認してくれるので、お願いしてみましょう。

バッテリーの状態は症状としても現れることがあります。

例えば、エンジンがかかりにくいというのも分かりやすいサインです。

いつもはすんなりエンジンがかかるのに、キュルキュルという音が続いてエンジンがかかりにくいことがあります。

こんな症状が出た時はバッテリーが劣化している可能性があるのですぐに見てもらいましょう。

 

バッテリーを長く使うために

バッテリーは充電されている状態をキープすることが望ましいとされています。

長い時間車連続して車に乗ってあげると、バッテリーが充電されます。

バッテリーに負荷を与えないようにしつつ、長い距離を走って充電してがるのが良いでしょう。

 

 

まとめ

バッテリーの交換時期についてみてきました。

どのような乗り方をしているかにも依存しますが、3年前後で交換することが多いようです。

バッテリーがだめになると車が動かない事態になってしまいます。

普段からバッテリーが弱っていなかチェックしながら乗ることが重要です。

乗り方によっては予防的に早めに交換しましょう。

-維持/メンテナンス

© 2020 No Car, No Life!!